パルマ産生ハム プロシュート・ディ・パルマ Tanara Giancarlo タナーラ・ジャンカルロ

prosciutto
prosciutto
prosciutto
prosciutto
prosciutto
prosciutto
prosciutto
prosciutto
prosciutto
prosciutto

パルマ産生ハム 18ヶ月熟成 骨無し 約7kg プロシュート・ディ・パルマ Tanara Giancarlo

商品番号:prosciutto
¥38,880(税込)
数量
  • 商品詳細説明

※他の商品と同梱はできません※

 

【タナーラ・ジャンカルロの品質】

●原料の選別
原料として入荷してくる豚モモ肉の選別はとりわけ厳しく行われます。主にエミリア・ロマーニャ、ロンバルディアの2州から仕入れるモモ肉は、より良い品質のものを仕入れる為、相場よりも高値で購入。さらに自社の厳しい選別基準により夏場にはをその2割程度をはじくこともあります。

●塩漬け
マエストロ・サラトーレという塩振り職人によって入荷したモモ肉は塩漬けされます。使用しているのはシチリア・トラパニ産の天然海塩。熟成の初期段階のみ塩漬けとなるので、この段階で水分を抜くという目的以外にも、生ハムの塩味が決まるという重要な工程。個体差のある豚肉をきちんと見分け、塩味が柔らかく、脂に甘みを感じる生ハムに仕上げるために、職人の技術が重要となります。

●自然の風で熟成する伝統製法
タナーラ・ジャンカルロ社の工場は、アペニン山脈から吹き下ろす風が生ハムの熟成にとって最善となるよう、建物の場所、窓の向きを考えて設計されています。老舗の生ハム工場でしか成し得ることのできない自然風による熟成の奇跡をお楽しみ下さい。

●長い経験と培った技術
タナーラ・ジャンカルロ社では熟成期間を惜しみません。安価な原料と空調設備を使い、生産効率・費用対効果を上げるよりも、より良い原料肉を仕入れ、手間暇をかけ、自然に近い伝統的な製法で長期間に渡り丁寧に熟成させること、それこそが確かなクオリティと長く愛される商品への信頼に繋がる秘訣であるはずだと自信を持っています。

 

Tanara Giancarlo
タナーラ・ジャンカルロ社

1954年エミリア・ロマーニャ州パルマ県のランギラーノ(Lanthirano)でタナーラ・ジャンカルロ氏がプロシュット作りを始めたのが最初。ランギラーノという土地は生ハム作りに最も適しているとされる名産地の一つで、その所以は気候や地形によるものです。伝統製法を守り、最高峰の技術と原料で作られるTanara Giancarloの生ハムの品質の高さは、パルマではもちろん、イタリア国内にとどまらず海外からも称賛されています。2代目のパオロ・タナーラ氏はパルマハム協会の会長も務めた経験があり、プロシュート・ディ・パルマの伝統ある食文化の継承、発展のために貢献しています。