「あぁ 小麦 っておいしいな・・」

皆さんがお米をえらんで、炊きたて食べて、「やっぱりコ〇ヒカリはおいしいなぁ」 「ひと〇ぼれは甘みがあるね」とか、ありますよね? そんな感覚をパスタでも味わってみませんか?


ソースを楽しむためのパスタ、という言葉もあるけど、それはそれで、きっと美味しく頂けるけど、パスタそのものも、しっかり味わってあげたくなりますね!

小麦の甘さ、粉の風味、味わうために噛みしめてもらいたい―

 

”FUSCO フスコ”のペンネ・リガーテは肉厚で大ぶり!

しっかり食感と歯応えで、噛みしめるほどに味わい豊か♪心持ち長めに茹でてあげて、さらにソースと一緒に含め煮すると、うま味をたっぷり吸いこんでさらに美味しく仕上がります!

 

低温・長時間乾燥でじっくり丁寧に仕上げられた『FUSCO(フスコ)のペンネ』は、完熟サンマルツァーノの『機栽培トマト缶』との相性もバッチリ!最良質の『エクストラ・バージンオイル』を上からたらすだけ・・ミートソースやクリームなど、濃いめの味にも合わせやすいですよ♪

 

PASTA D’AUTORE ~職人のパスタ~  フスコおじさんの名作品!

 南イタリア・モリーゼ州の伝統製法によるプレミアムパスタです。 (Colavita社の高級ラインナップ) 厳選されたイタリア産小麦のみで練り上げたパスタを、昔ながらのブロンズダイス(銅製口金)で抜いて成形し、低温・長時間乾燥で丁寧に手がけられる良質なパスタ。

ソースがよく絡み、噛みしめるごとにジンワリと小麦の風味が広がります。 モグモグしっかり味わいたい方におすすめ!

その名の由来は、パスタを作り続けて60年のベテラン職人、製造責任者でもあるフスコおじさんこと、カルロ・フスコ氏です!Carlo Fusco, maestro pastaio fin dal 1943

 

【 抜き型による違い 】 ”ブロンズダイス(銅製口金)” と ”テフロンダイス”

乾燥パスタは、練った生地をダイス(抜き型)で押し出してつくります。 その口金の形状によって、さまざまな面白い形のパスタに成型されるわけですが、このダイスの材質にはブロンズ(青銅)製とテフロン製があり、伝統的なブロンズの製法でつくったパスタは、表面がザラついたウロコ状に仕上がります。 これは、中を通る生地とダイスの接触面の摩擦が大きいからだそうです。 一方の近代的な製法では、テフロン加工されたダイスを使用することが多く、こちらは生地とダイスの接触面の摩擦が小さいため、表面がツルツルと滑らかになります。

テフロン・ダイスがパスタ市場で主流となった理由は、ブロンズに比べて耐久性が2倍ということ。 戦後の大量消費の時代を迎え、大手メーカは次々とテフロンに切り替えていきました。 日本でパスタが食べられるようになった最初の頃の主流もやはりテフロン型のものでした。

今ではしだいに旧来の製法が見直されているようになり、各メーカ共に、クオリティ重視の高級ラインの多くはブロンズを採用しています。 とはいえ、テフロン製法のものがブロンズのものより劣るというわけでは決してありません。 食感の好みがありますし、調理方法や合わせるソースに応じて使い分けたいところですよね!

 

【 FUSCO フスコ 】 -La Pasta Fatta a Regola d’Arte-

「FUSCO フスコ」 は南イタリア・モリーゼ州のカンポバッソに程近いヴィンキアトゥーロで生まれました。 製造責任者である熟練パスタ職人カルロ・フスコ氏の名を冠した最上質パスタは、コラヴィータ社(Colavita)の高級ラインナップとして受け継がれています。(※FUSCOはColavitaグループに属する。) そのフスコ氏によって厳選された原料は、モリーゼの山々から湧き出る綺麗な水によって練り上げられブロンズダイス(銅製口金)で加工、低温・長時間乾燥により小麦の風味のしっかりとした最高のパスタに仕上げられます。